UZUZ

T.TASHIMA

T.TASHIMA

キャリアアドバイザー

青森県出身。救急救命士を目指し、ひたすら勉強と実習に追われる大学生活を送る。無事に公務員として入職するも、元々「安定」だけを求めていたため仕事のやりがいを見出せず、4年後に退職。公務員経験しかない“ほぼ既卒”の状態での就活の厳しさを思い知る。縁あってUZUZに入社し、カスタマーサポート職としてマネージャーや新拠点の立ち上げを担当する。現在は、IT特化のキャリアアドバイザーとして活躍中。「就業はゴールではなくスタート」をモットーに、IT業界の現状と求職者の希望を擦り合わせた“出口のあるサポート”を心がけている。

UZUZ入社までの経歴
4年働いて気づいた「職歴」以外何もない自分

UZUZに入社する前は、地元の青森で公務員として働いていました。


元々は救急救命士を目指していたんですが、新卒の時は公務員試験にも救急救命士の試験にも落ちてしまって……。


ただ、翌年の10月、中途採用枠で公務員試験には合格できたんです。


同期から半年遅れている現状に焦りを感じていたし、そもそも“安定した仕事”を求めて公務員を志望していたので「救急救命士ではないけど、公務員として働けるなら」と考え、そのまま入職しました。


でも、正直なところやりがいは全くなかったですね。

 

一応4年間は働いたものの、安定だけを求めて選んだ職場だったので全然楽しめなかったです。

 

面倒なことはできるだけやりたくないと思っていたし、ただただ惰性で働いていただけでした。今考えると大変恥ずかしいのですが……。

 

加えて年功序列スタイルも肌に合わず、最終的には先輩との人間関係が上手くいかなくなってしまい、次の就職先を決める前に退職しました。

 

辞めた直後はとにかくこの環境から抜け出したい一心だったので、後のことはあまり考えていませんでした。

 

でも、少し落ち着いて就活を始めようとした時、あることに気づいてしまったんです。「自分は4年の職歴以外、何も持っていない」ということに。

 

数字を追った経験もなければ、技術的なスキルを磨いたこともない。毎日なんとなく働いていただけ。

 

何もアピールできることがなくて、一般企業で働くイメージが全く持てませんでした。

ネットで読んだ記事にも「公務員は民間企業には入れない」みたいなことが書いてあって、ショックを受けると同時に「でもやっぱりそうだよな……」と思いましたね。

 

だって、履歴書や職務経歴書も書いたことがなかったんです。当然自分に向いている仕事も、そもそも何から始めればいいのかさえ分からず、まさに“五里霧中”でした。

 

そんな時でしょうか。たまたま姉に「面白そうな会社があるよ」と、あるサイトを紹介されたんです。

 

それがUZUZのホームページでした。

 

見てみたら他の就活サイトにはないような華やかさで、かつ等身大のインタビューが社員一人ひとり公開されていて「何これ!」ってすごく驚いたんです。

 

提供しているサービスも、既卒や第二新卒をメインとした「オーダーメイド型の就活サポート」で、読み込んでいくうちにどんどん興味が湧きました。

 

自分と似た境遇の人をサポートできるのは仕事としても非常に魅力的でしたし、そうなったらもう「ここで働きたい!」という気持ちが強くなってしまって。気づいたら“応募”のボタンを押してましたね(笑)。

 

でも実はこの時、一度選考に落ちているんです。スキルも経験も何もなかったので、当たり前ではあるんですが(笑)。

 

それでもどうしても諦めきれず、再度連絡して、今度は「アルバイト」で選考を受け直しました。

 

求人票には“正社員登用あり”と書いてありましたし、自分の努力次第で道が切り開ける可能性があるなら挑戦したかったんです。

 

その後無事に入社が決まり、UZUZの一員として働く道がスタートしました。

UZUZでの役割
絶対に見返したい気持ちを胸に、掴んだ正社員への道

入社してからは「CS(カスタマーサポート)」部門に配属されました。

 

CSは電話やメール、LINEなどを通して、UZUZに登録してくださった方と最初に関わるポジションです。

 

CA(キャリアアドバイザー)との面談日程調整はもちろん、面談前に職種説明を行ったり、場合によっては就活相談に乗ることもあります。

 

幅広い知識や対応が求められるので、勉強の毎日でしたが、その分得られるものは多かったように思います。

 

公務員だった頃は「来た仕事をただやる」という受身姿勢が強かったんですが、UZUZに入ってからは大きく変わりましたね。

 

求職者の方により良いサポートを提供するにはどうすればいいか。その上でどうやって会社の利益を上げるか。

 

それらを社員一人ひとりが考える文化だったので、その姿勢がとても新鮮で、働くのが本当に楽しかったです。

 

その後、UZUZが北海道に新しく「旭川オフィス」をオープンすることになり、立ち上げメンバーとして参画することになりました。

 

CSとしての数字管理は行いつつ、マネージャーのようなポジションとして、マニュアル作りや新人さんの教育、シフト管理、新設オフィスを回すための改善工夫など、とにかくありとあらゆることをやりました。

 

正直なところ、やることが多すぎて本当に大変だったんですが……(笑)。

 

最終的には「旭川オフィスを安定稼働させる」という目標を果たせましたし、自分を成長させる意味でも貴重な経験ができたと思います。

そして東京本社に戻ってからは、念願叶って正社員になることができ、現在は「ウズウズカレッジ」のCAとして、IT職種に興味がある方、IT資格を取得し就職を目指したい方のサポートを行っています。

 

CAを担当し始めてから、特に気をつけているのが「よくある就職エージェント」にはならないようにすることです。

 

例えば、求職者の方が求めている求人をただ紹介するのって、誰にでもできると思うんです。

 

でも実際はその方のスキルや経験、市場価値、将来像、求人の人気度など、複合的に考えなければならない問題がたくさんあります。

 

求職者の方は「単に情報を知らないだけ」というケースも多いため、ちゃんと事実を伝えた上で、じゃあどうしていくかを一緒に考えるようにしています。

 

人生の軸となる部分をサポートする仕事なので、当然責任は重大です。

 

でもだからこそやる意味があるし、相談に来てくれた方が将来「ここに入社して良かった」と思えるよう、今後もお一人おひとりに寄り添っていきたいですね。

 

こうやって改めて考えると、我ながら本当にUZUZを選んで良かったなと思います。

 

実は前職を辞める時、上司や周りから「民間企業はもっと厳しい」「ここが無理なら他でやっていけない」「どんな仕事でも逃げれば負け」と散々言われ、それが本当に悔しくて……。

 

「絶対に見返してやる」「自分のキャリア構築のために頑張ろう」と決意し、今日まで全力で走ってきたので、こうやってやりがいを持って働けるのは感謝しかありません。

仕事を通じて記憶に残っている印象的なこと
CAとしての介在価値を発揮しながら働ける毎日が、本当に楽しい

これまでUZUZで働く中で、朝起きて「うわー、今日仕事行きたくないな」と思ったことが本当に一度もありません(笑)。

 

もちろん、仕事が上手くいかず落ち込んだり凹むことはありますが「もう嫌だ」と思ったことは本当に1回もないんです。

 

前職では毎日「仕事に行きたくない、辞めたい」と考えてばかりでした。

 

でも今は自分の仕事に誇りを持っているし、サポートする求職者の方一人ひとりと本気で向き合いたいと思っているので、この変化の大きさには自分のことながら驚いています。

 

また、印象に残っている求職者の方もいます。その方は元々開発エンジニアを希望されていたんですが、相談に来てくださった時点では就活が思うように進んでいませんでした。

 

先ほども言ったように、ただ求人を紹介することは誰にでもできます。でもそれではCAとして存在している意味がありません。

 

大切なのは、求職者の方に今後のキャリアを踏まえた上で、納得感を持ち就活していただくことです。

ですのでその方には市場感やニーズはもちろん、現実的な意見も厳しい意見もしっかりお伝えしました。

 

最終的には当初希望していた開発エンジニアではなく、インフラエンジニアとして内定を獲得し、現在もいきいきと働かれています。

 

就活が成功したのは、何よりこの方の努力あってこそです。

 

その上で将来性やその人の目指すキャリアを整理し、CAとしての介在価値を発揮したサポートができたのは良かったですね。

 

また、入社後連絡した際「資格を取ったので早く上流工程に行きたいです」「伸び伸び働けて楽しいです」と話してくれたのも印象的でした。

 

こんな風に、今後も就業を「ゴールではなくスタート」にできるサポートができたらいいなと思います。

キャリアサポートにかける想い
目の前にいる求職者の方に、誰よりも向き合いたい

キャリアアドバイザーとして大事にしていること

 

「伝えるべきこと」はきちんと伝えるようにしています。

 

企業や転職市場の中で求められているニーズなどは、ちゃんと伝えて、理解してもらった上で就活に臨んでもらう。これは絶対に欠かせません。

 

そのため場合によっては、厳しい話をしなければならない時もあります。

 

でも知るべきことを知らないまま就活を進めても、いつかどこかで壁にぶつかってしまうんです。

 

相談に来てくださる方には、できるだけそういった経験をしてほしくないので、認識のズレがあれば必ず解消してからサポートするようにしています。

 

そして、こういった“ズレ”を伝える上で、自分の経歴の話もします。

 

最初お話しした通り、私は職歴こそ4年ありますが、一般企業での働き方や就活のことは何も知りませんでした。

 

自分の強みや弱み、できることやできないことなど一切把握できておらず、なんとなくでしか動けていませんでした。

 

そういうズレによって自分が苦労した経験があるので、一例として皆さんにはお伝えするようにしています。

 

私たちCAは営業職でもあるので、求職者の方に寄り添うと同時に、営業として数字や利益も追う必要があります。

 

でもだからといって、言うべきことを言わず「それらしい求人をただ紹介して内定に繋げる」のは違うと思うんです。

 

自分はCAとして、求職者の方の人生を支える責任があります。

 

ですので、その人が理想のキャリアを目指せるよう「正しい情報をきちんと伝える」「それを理解してもらった上で就活をサポートする」のは今までもこれからも大事にしたいです。

私の強み

 

CAとして当たり前ではあるのですが「求職者の方のお話をじっくり聞くこと」でしょうか。

 

経歴や背景などから「この方はこんな人だろうか」「こんなことを考えていらっしゃるのかな」と予想することももちろんあります。

 

でもやっぱり、直接お話を聞くまで考えや想いは分かりません。

 

キャリアをサポートするなら、今自分の目の前にいらっしゃる“その人”とフラットな状態で話したいと思っています。ですので先入観などは持たず、じっくり丁寧に聞くことは心がけていますね。

 

また、求職者の方にお話を伺う時は「なぜその決断をしたんだろう」「どうしてそう感じたんだろう」など、疑問に思ったことは細かく質問するようにしています。

 

就活とは直接関係がない話の中にも、その方の思考性や軸、望んでいる方向性が隠れているからです。

 

「皆さんにとって最高のキャリア」を提案するためにも、深くお話しできたらと思っているので、私と面談する機会があった際には色々と教えていただけると嬉しいです(笑)。

 

面談に来てくださる方へのメッセージ

 

「ただ求人票を送って終わり」のようなサポートは絶対にしません。

 

目指したい方向性を踏まえた上で将来設計図を作り、それに合わせた求人紹介を行います。

 

ですので本気でIT職種を目指したい方や、自分自身のキャリアをより良いものにしたい方にとっては、とても充実したサポートになるんじゃないかなと思います。

 

時には厳しいこともお伝えしますが、何かを隠したり取り繕うサポートはしないと胸を張って言えます。

 

IT就職を考えている方にとって一番力になれることは間違いないので、ぜひお気軽にご相談ください。

OTHER MEMBERS

その他のメンバー

H.OKAMOTO(岡本 啓毅)

代表取締役社長

S.KAWABATA(川畑 翔太郎)

専務取締役

T.KAWAHARA(川原 敬史)

常務取締役

Y.HABARA

経営企画

Y.MIYOTA

広報/マーケティング

S.SHIRAKAWA(白川 聖悟)

執行役員
ESES代表取締役社長
Otaks代表取締役社長

T.AKASHI

エンジニア

M.MICHIHATA

管理部

A.KUSANO

編集/ディレクター

Y.YANAGIDA

リクルーティングアドバイザー

R.HAYASHI

リクルーティングアドバイザー

R.MORI

講師

C.SAKAE

デザイナー

S.MIZUNO

マーケター

A.IMAYAMA

リクルーティングアドバイザー

Y.AZUMA

マーケター

S.FUJITANI

CTO
Otaks取締役

Y.YAMAGUCHI

編集/ディレクター

F.YOSHIUCHI

キャリアアドバイザー

K.MIYAKE

リクルーティングアドバイザー

R.FUDA

キャリアアドバイザー

M.TSUGANESAWA

キャリアアドバイザー/ESES(グループ会社)営業

H.UENO

プログラマー

S.SUGAYA

リクルーティングアドバイザー

H.YASUDA

キャリアアドバイザー

Y.MIYOSHI

カスタマーサポート

T.USAMI

キャリアアドバイザー

T.INOUE

キャリアアドバイザー

M.IMAEDA

キャリアアドバイザー

S.ISHII

キャリアアドバイザー

S.WAGATSUMA

リクルーティングアドバイザー

C.NONAKA

管理部

D.KAWAI

ウズウズカレッジ講師

T.TASHIMA

キャリアアドバイザー

K.OBATA

キャリアアドバイザー

J.OTANI

キャリアアドバイザー/ESES(グループ会社)営業

Y.SUISHU

キャリアアドバイザー(大阪支店長)

K.YOSHIMURA

ウズウズカレッジ管理担当

T.MIYAMA

キャリアアドバイザー

R.SHIGETA

キャリアアドバイザー

K.OKADA

キャリアアドバイザー

E.WAKABAYASHI

キャリアアドバイザー

T.WATANABE

キャリアアドバイザー

M.KOKUBO

キャリアアドバイザー

K.ASAMI

情報システム担当

S.WATANABE

マーケター

Y.TANAKA

キャリアアドバイザー

D.AKUNE

キャリアアドバイザー

T.SUGIMOTO

編集/ディレクター

K.TANABE

キャリアアドバイザー

J.FUJITA

キャリアアドバイザー

R.KURIHARA

キャリアアドバイザー

K.TOKUDOME

リクルーティングアドバイザー

S.IWATA

ウズウズカレッジ講師

MOCO

コーポレートドッグ(就活犬)