UZUZ

HIROKI
OKAMOTO

岡本 啓毅

代表取締役社長

1986年生まれ。株式会社UZUZ代表取締役社長。北海道出身で高校卒業後、米国アラバマ州立大学ハンツビル校にて宇宙物理学を専攻。大学時代に今村(現UZUZ会長)と出会い、20代で一緒に起業することを決意する。大学卒業後はベンチャー企業に入社。IT業界の営業職として1年間勤務し、起業のため退職。その後、2012年に若者がウズウズ働ける世の中を作るべく、今村とともにUZUZを設立する。副社長を経たのち、2018年8月より社長に就任。

アメリカへの留学、そして「人生の目標」との出会い。

北海道の旭川市で生まれ、高校までの18年間を旭川市で過ごしました。物理と宇宙の分野に興味があったので、宇宙物理学を学ぶために海外の大学への進学を考えるようになりました。アラバマ州立大学ハンツビル校へ留学したのは、NASAと共同研究を行っているほど航空工学や宇宙物理学のレベルが高かったからです。最初の3ヶ月間は附属の語学学校に通い、大学の授業が始まると1年目でオールAを取得、2年目には飛び級で大学3年生になりました。

 

けれども、アメリカでの生活にも慣れて英語も話せるようになった頃から、オンラインポーカーにハマってしまいました。親のお金で留学させてもらい、学費まで出してもらっていながらこの頃の自分はダメ人間まっしぐらでした。物理の研究者を目指すことも途中で無理だなと諦めてしまい、、将来の目標を完全に見失いました。

そんな時にふと読んだマンガが「サラリーマン金太郎」でした。金太郎の影響で、自分は世の中に大きなインパクトを与えられるようなビジネスマンになりたい、と考えるようになりました。

 

そして、留学仲間の今村(現UZUZ会長)と将来はいっしょに起業しようと意気投合しました。将来起業するための力をまずはつけるために、お互いベンチャー企業で別々に働くことにしました。面接では「入社しても1年で辞めて起業します!」と言っていたので、選考には落ち続けました。でも、最終的には株式会社ベインキャリージャパン(現:ギークス株式会社)がそんな生意気な私を拾ってくれました。

泥臭く働いた新卒時代と急にやってきた起業のチャンス。

ITエンジニアの派遣事業を行っているベインキャリージャパンでは、営業を担当しました。入社してしばらくが経った頃、先輩に「岡本それでも一生懸命やってるつもり?1%も伝わってこないよ。」と言われてしまいました。社会人になって若干気持ちが緩んでいた自分にとって、この先輩の言葉は効きました。「一番最初に会社に来て一番最後に帰る!」という泥臭いマイルールを作り、結果にこだわって仕事に取り組むことで結果も出ましたし、何より周囲の評価も変わっていきました。

 

その頃には今村が1社目を辞めて、株式会社第二新卒で働いているのを知り、自分も少しずつ手伝うようになりました。株式会社第二新卒は、UZUZの現在のサービスである「第二新卒ナビ」を運営していた会社です。当時は社長と今村と、アルバイトの私の3名体制でした。

日本の就活市場における「新卒」でないだけで就活の難易度が極端に上がってしまう状況に違和感を感じてはいました。だから、その状況を変えることに惹かれたんだと思います。入社からちょうど1年で、ベインキャリージャパンを辞め、3ヶ月無給の試用期間を乗り越え、転職しました。

 

給料も安かったので、今村とルームシェアをしながら一生懸命働きました。でも、業績がみるみる悪くなってしまって、ある日社長から呼び出され、「会社を辞めてアメリカに行きたい」と告白されました。不思議なことに焦りはなく、「これって起業するチャンスなんじゃない?」と思い、25歳の冬に株式会社UZUZを設立しました。

個別サポートだけでなく、より多くの既卒・第二新卒をサポートへ。

意気揚々とスタートしたUZUZでしたが、創業後たったの3ヶ月で残高がほぼ底をつくという危機もありました。それを乗り越え、初年度を黒字で終えることができました。創業当時は先輩のオフィスに居候していたUZUZも、現在は2つのオフィスを持つまでになりました。3人でスタートした会社に、今では22人の社員がいるなんて当時は思いもしませんでした。新卒じゃなくても活躍できるってことを、まずは元既卒・元第二新卒のメンバーで構成されているUZUZが体現して、世間の既卒・第二新卒に対する評価を覆していきたいと思っています。

UZUZの就活サポートでは、一人一人の求職者と約20時間に及ぶ面談を行い、就職のミスマッチを減らしています。個別就活サポートでの効果は上がっているのですが、サポート人数がどうしても限られてしまいます。そこで「既卒、フリーター、第二新卒の就活はじめの一歩」という就活本を発売したり、「ウズウズカレッジ」という研修型の就活サポートを立ち上げました。これからはサポートする人数を増やすことで、世の中により大きなインパクトを与えたいと考えています。

仕事に対して前向きになれる社会を目指して。

私の仕事は、事業全体を俯瞰してみて、どこにボトルネックがあるのか、もっと効率的にするためにはどうしたらいいのかを考える戦略参謀のような仕事です。ベンチャー企業のUZUZでは、日々たくさんの緊急かつ重要な課題が発生します。それらの課題を単に解決するだけではなく、最短で解決できるように試行錯誤を繰り返しています。全てをマネジメントするのは、そろそろ難しいと感じているので、少しずつ周りの社員に権限委譲をしながら、新しい体制を構築していくことも今は大切な仕事のひとつです。

「若者がウズウズ働ける世の中をつくる」ために、仕事に対して前向きに取り組む姿勢や考え方を一人でも多くの方に伝えていきたいです。

 

また、UZUZの事業である20代若手人材の人材紹介事業は景気の影響を受けやすく、サポートできる方も限定的です。今後はより多くの「キャリアの課題」を解決できる企業に成長できるよう新規事業にも積極的に挑戦していきたいと思います。

OTHER MEMBERS

その他のメンバー

今村 邦之

KUNIYUKI
IMAMURA

取締役会長

川畑 翔太郎

SHOTARO
KAWABATA

専務取締役

岡本 啓毅

HIROKI
OKAMOTO

代表取締役社長

川原 敬史

TAKASHI
KAWAHARA

常務執行役員

羽原 佳希

YOSHIKI
HABARA

経営企画

御代田 侑佳

YUKA
MIYOTA

広報/アシスタント

白川 聖悟

SEIGO
SHIRAKAWA

執行役員

芦川 美穂

MIHO
ASHIKAWA

動画編集

明石 朋音

TOMONE
AKASHI

エンジニア

道端 美祐紀

MIYUKI
MICHIHATA

キャリアサポート

菊繁 洋貴

HIROKI
KIKUSHIGE

事業マネージャー/講師

菅田 沙紀

SAKI
SUGETA

キャリアカウンセラー

稗田 直史

NAOFUMI
HIEDA

リクルーティングアドバイザー

草野 有砂

ARISA
KUSANO

編集/ディレクター

柳田 有紀

YUKI
YANAGIDA

リクルーティングアドバイザー

岡本 和也

KAZUYA
OKAMOTO

エンジニア(CXO)

榮 千尋

CHIHIRO
SAKAE

デザイナー

林 綾馬

RYOMA
HAYASHI

キャリアカウンセラー

森 亮介

RYOSUKE
MORI

講師

水野 峻

SHUN
MIZUNO

マーケター

森川 剛

GO
MORIKAWA

キャリアカウンセラー

今山 明日香

ASUKA
IMAYAMA

キャリアカウンセラー

尾川 聡

SATOSHI
OGAWA

マーケター

長谷川 望

NOZOMI
HASEGAWA

キャリアカウンセラー

望月 奈津美

NATSUMI
MOCHIZUKI

キャリアカウンセラー

東 柚実

YUZUMI
AZUMA

WWW(子会社)

藤谷 宗平

SOHEI
FUJITANI

エンジニア

山口 祐花

YUKA
YAMAGUCHI

編集/ディレクター

吉内 冬実

FUYUMI
YOSHIUCHI

キャリアカウンセラー

不破 花奈実

KANAMI
FUWA

カスタマーサポート

三宅 耕平

KOHEI
MIYAKE

キャリアカウンセラー

モコ

MOCO

コーポレートドッグ(就活犬)