20代の第二新卒・既卒・フリーター向け就職/転職サイト

アフターコロナの就職/転職はお任せあれ!
テレビ通話・お電話でのキャリア相談を実施しています

電気設計とは?仕事内容やキャリアアップに役立つ資格も紹介

電気設計とは?

電気って生きていくために絶対必要だよね……。もしかして、電気に関係する仕事をすれば、将来仕事を失う心配がない?
それなら電気設計のお仕事はどうでしょうか?

今回は、働きながら資格取得ができて、将来性もある電気設計という仕事について紹介していきます。

私たちの生活に必要不可欠な家電製品や電子機器。

これらを設計・製造する際になくてはならないのが、電気設計という仕事です。

今回は「電気設計」の仕事内容や便利な資格などについて詳しく解説していきます。

この記事の監修者

岡本啓毅HIROKI OKAMOTO

株式会社UZUZ 代表取締役

1986年生まれ、北海道出身。第二の就活を運営する「株式会社UZUZ」を立ち上げ、数多くの就職サポートを実施してきた。“自らと若者がウズウズ働ける世の中をつくる。”をミッションに、Twitterで「仕事をウズウズ楽しむ情報」を、YouTubeで「就職・転職で使える面接ノウハウ」を発信。SNSの累計フォロワー数は9万人を超える。

正社員求人多数!
あなたキャリア
UZUZ徹底サポート!
今すぐ無料相談

電気設計とは

電気設計とは・・・

電気設計とは、簡単に言えば電気回路や配電盤などの設計を行ったり、開発したりする仕事です。

また、すでに動いている電気回路や配電盤に不具合がないか調査・検証したり、問題があればその解決も行います。

日々、私たちが使っている家電製品や電気機器は、必ず内部に電子回路が組み込まれており、電気的な設計がなされています。

実はこれは、小さな電子機器であろうと巨大な施設であろうと同じ。

私たちは家の中で電源をコンセントに挿せば電気を使えますが、それは家という建物に電気設計が行われており、電気網が張り巡らされているからです。

このように、電気設計は電気を使う場所であれば必ず行われている設計業務でもあります。

しかし電気は便利ですが、ひとたび事故が起これば大惨事を招きかねない危険なもの。

そのため、電気設計という専門家が必要なのです。

さらにIoTが導入され生活のあらゆる場面の電化が進んでいることで、ますます電気設計の仕事は重要性を増していると考えられています。

様々な電気設計の仕事がありますが、下記で紹介する3つに分けて確認していきましょう。

  • 建築系の電気設計
  • メーカー設備系の電気設計
  • 家電などの電気設計

建築系の電気設計

建築物やビルなどの配電に関連した電気設計を行うのが、建築系の電気設計です。

主に建物内の電力インフラに関わる設計業務を行います。

照明や空調など、備え付けの設備にも電気を使いますし、電源を取るためのコンセントなどの設置も必要となります。

それらの電気設備の設置を、安全かつ必要十分に、そして建物内での快適さを満たせるように行わなければなりません。

建物レベルになると、家電製品よりもはるかに多くの電力を消費します。

そのため、家電製品などのコンパクトな電気回路や配電盤とは、また違った知見が必要となります。

つまり建築系の電気設計は、それらが問題ないように配電を設計する仕事です。

メーカー設備系の電気設計

製造メーカーの工場など、大量に電気を使用する設備でも電気設計は活躍する仕事です。

より大規模な環境で、機械や装置の電子回路設計や開発、配電盤・制御盤の設計、電力インフラの点検・整備など、ものづくりに欠かせない重要な役割を担います。

また昨今では、工場でのオートメーション化が進んでいることから、より電気設計の専門知識や経験が活きる場面が多々生まれています。

家電などの電気設計

家電製品など、電気機器内部の細かい配線や電気回路の設計と不具合が発生しないかの検証なども電気設計が担っています。

例えばスマートフォンやキッチン家電、掃除機や洗濯機、あるいは自動車など、様々なものの開発・設計の場面で活躍しています。

さらには生活で身近な製品だけでなく工業設備や医療機器にも電気設計の手が必要です。

電気設計のなかでも製品に関わる仕事は、一般消費者に近い立ち位置にいるため、自分が行った仕事の成果を身近に感じられるでしょう。

監修者コメント

岡本啓毅HIROKI OKAMOTO

私たちの生活になくてはならない仕事

あらゆる物がインターネットを通じてつながり合う『IoT』が進んだ現代。

スマートフォンやスマートスピーカーなどの電化製品はもちろん、お湯を湧かすのも、家のエアコンをつけるのも、鍵を開けることすらも、電子制御で行うことができます。

今後ますますIoTや電気機器が発展するうえで、電気設計はさらに発展し、求められる業務になると考えられています。

多くの仕事がAIに代替されると言われていますが、機械そのものを設計する仕事は残っていくでしょう。

電気設計の仕事内容を解説

電気設計の仕事内容の例

電気設計が重要な仕事だってのは分かったよ。具体的には、どんなことをするの?
電気設計の仕事には、以下のような種類があります。
  • 使う電気と使用する機器の仕様がどういったものか確認する
  • 仕様に従って、条件を満たせるように配線図を設計する
  • 配線図に則って、配電盤や制御盤を設計する
  • 実際に配線した際に不具合がないかを検証し、問題があれば解決する
  • 条件を満たせる既存の機器がない場合、新しい機器を開発する

建築系、メーカー系などによって詳細は異なりますが、使用機器や電線の種類なども詳細に決めていく仕事です。

開発にも関わるの?
例えば、新製品を作るための設備に今世の中にある部品では機能が十分ではないことがあります。そんなときには、自分たちで新しい配電部品を開発することもあるんです。

電気設計は、製造業なら様々な場面で関わってきます。

製造業において、電気設計は上流から下流まで、いろいろな場面で必要とされると覚えておきましょう!

電気設計で活かせる知識

電気設計で活かせる知識

電気設計って、やっぱりちょっと難しそうだな。
大丈夫!電気設計で活かせる知識を学んでいきましょう!

電気設計を仕事にするために必要な知識は大きく分けて2つ。

  • 電気回路図に関する知識
  • 電気や電子工学に関する専門知識

上記2つについて、説明していきます。

電気回路図に関する知識

電気設計を仕事にするうえでまず必須なのが、電気回路図に関する知識です。

配電や配線図の設計が主な業務である、とは前述のとおり。

それを行うためには、電気回路図の知識が不可欠です。

電気回路図とは、紙面や画面上に電気回路の経路を示したもの。

スイッチ、ワイヤーの接続、電源の接続などが、線や記号を用いて描かれています。

ちなみに回路図の書き方は、日本産業企画であるJIS規格や国際規格のIEC規格で決められているので、ルールに則って記述しなければなりません。

なので電気回路図の知識があることは、電気設計を仕事にする際のスタート地点といっても良いでしょう。

電気や電子工学に関する専門知識

電気設計として活躍するためには、電気や電子工学に関する専門的な知識が必要となります。

具体的には、電気・電子工学や制御、信号処理などの電気回路に関する深い専門知識が挙げられます。

これらは電気や抵抗の性質といった、基礎学問の分野にも関わっています。

発展的な応用知識を扱う工学系の学科では、こういった基礎分野はあまり重点的に学ばないため、苦手としている人も多いのです。

応用面と基礎面の両面で深い専門知識をもっていれば、重宝される人材になるでしょう。

電気設計の仕事に就職・転職する方法

電気設計の仕事に就職・転職する方法

電気設計について分かってきたけど、やっぱり未経験じゃ無理じゃない!?
たしかに専門性は高いですよね。ですが、未経験からでも電気設計に就職・転職できる可能性はありますよ!

ここからは、電気設計の仕事に就職・転職する方法を解説していきます。

1.大学・高専・専門学校の電気電子学科に通う

大学・高専・専門学校などで、電気電子学科に通って専門分野を学ぶのがもっとも確実な方法です。

特に、回路図の読み解き方を教員に質問しながら、じっくりと学ぶ機会があるのは大きなメリットです。

仮に、一度別の職種に就いていたとしても、出身学科が電気電子学科であれば、未経験だったとしても電気設計に就ける可能性は高まります。

一方で文系出身の場合は、未経験からいきなり電子設計に就職・転職するのはかなり難しいため覚悟しておきましょう。

2.役立つ資格を取得する

しっかり勉強して電子回路の知識を身につけるのも手段の一つです。

資格を取得しておけば、選考で有利に働く可能性もあり、実務でも活かせるためおすすめできます。

電気設計の仕事自体は、基本的に資格を持っていなくても業務を行うことができますが、扱う設計の規模によっては、資格が必要となる場合もあるので覚えておきましょう。

電気設計に役立つ資格

電気設計に役立つ資格

電気設計に役立つ資格について、代表的な下記4つについて解説していきます。

  • 電気工事士
  • 電気主任技術者
  • 電気通信主任技術者
  • 電気工事施工管理技士

電気工事士

電気工事士は国家資格であり、建築系の電気設計を行う場合に必要な資格です。

第一種と第二種があり、それぞれ扱える範囲が異なります。

第二種電気工事士は主に一般的な戸建ての住宅や規模が比較的小さい建築物の電気工事を担当できるようになります。

第一種電気工事士は、第二種の範囲すべてに加えて、大型の施設などでも工事ができるようになる、より上位の資格です。

未経験者も含め、電気設計の仕事をしたいなら、まずは第二種電気工事士の資格取得を目指してみるといいでしょう。

参考:一般財団法人電気技術者試験センター「電気工事士って何だろう?

電気主任技術者

電気主任技術者は、発電所や変電所など電気設備の保安監督を担当することができるようになる資格です。

電気主任技術者には第一種から第三種まであり、それぞれ扱える電圧の範囲が異なります。

第三種がもっとも低い電圧で、第一種はすべての電圧の施設を扱えるようになります。

電気施設には必ず電気設備の保安監督の設置が義務付けられているため、非常に重用される資格です。

参考:一般財団法人電気技術者試験センター「電気主任技術者って何だろう?

電気通信主任技術者

電気通信主任技術者は、電気通信ネットワークに関する工事や維持・運用ができるようになる国家資格です。

電気設計では主に電気回路や配線について扱いますが、電気通信主任技術者はインターネット接続や電話線などの通信ネットワークを扱います。

“電気通信事業者は、その事業用電気通信設備を、総務省令で定める技術基準に適合するよう、自主的に維持するために、電気通信主任技術者を選任し、電気通信設備の工事、維持及び運用の監督にあたらなければなりません。”
引用:電気通信国家試験センター「電気通信主任技術者について

上記に引用したように、電気通信事業者は、電気通信主任技術者を工事・維持・運用の監督に選任する必要があります。

特定業務の専門家として、業務の幅を広げられる資格です。

参考:電気通信国家試験センター「電気通信主任技術者について

電気工事施工管理技士

電気工事施工管理技士は国家資格の一つで、電気設計のなかでも特に建築関係の業界で需要がある資格です。

建物の電気工事を行う際の電気設計に関する技能と知識を問う資格試験であり、特に、建築系の電気設計の業務で活躍します。

ただし、資格取得には実務経験だけでなく電気工学や法的な知識も必要となるため取得難易度は高いでしょう。

その分、1級を取得できるとビルなどの大規模な建築物や商業施設の電気工事を扱えるようになるため、自身のキャリアを広げられる資格です。

参考:株式会社日本建設情報センター「電気工事施工管理技士

監修者コメント

岡本啓毅HIROKI OKAMOTO

電気設計は資格を得ながらキャリアアップできる仕事

資格があったほうが有利ですが、ここで紹介したすべての資格を取得してから就職・転職活動を行うのは現実的ではありません。

特に理系の電気電子学科出身であれば未経験からもチャレンジ可能なので、実務経験を積みながら資格を取得し、キャリアアップしていくと良いでしょう。

電気電子学科出身以外の方で電子設計を目指すのであれば、まずは電子設計の中でも「どの分野」に携わりたいのかを明確にして、挑戦したい分野に有効な資格取得を目指してみると良いかもしれません。

製品の電気設計か、建築か、工場など電気設備かなど、この機会に考えてみましょう!

まとめ

電気設計は、主に、下記3種類に分けられます。

  • 建築系の電気設計
  • メーカー設備系の電気設計
  • 家電などの電気設計

さらに関わる製品や施設は異なるものの、それぞれ重要な業務であり、需要がある仕事です。

  • 電気設計を仕事にしたい
  • 効果的な資格取得方法が知りたい
  • 自分が電気設計の仕事に向いているか確認したい
  • 電気設計を目指す際の選考対策がしたい

もし上記に当てはまる方がいれば、ぜひUZUZに相談してみてください。

私たちUZUZは、就活・転職のエージェントサービスを提供しています。

エージェントサービスとは、キャリアの悩みを相談したり、選考対策をしてもらえたりするサービスのこと。

相談結果をもとに、エージェントから応募候補となる求人を紹介してもらうこともできます。

そういったキャリアに関するサービスを、すべて無料で受けられるのがエージェントサービスです。

しかも理工系に詳しいエージェントもいるので、電気設計を志望する方向けの選考対策もご用意できます。

少しでも気になった方は、まずは私たちUZUZにご連絡ください。

正社員求人多数!
あなたキャリア
UZUZ徹底サポート!
今すぐ無料相談
執筆・編集

第二の就活 編集部

「“はたらく”をもっと身近に」をテーマに、就活=不安・やりたくないと感じる気持ちを変えるコンテンツを発信しています。編集部のメンバーは、全員が既卒や第二新卒の経験者です。だからこそわかる「就活に対する怖さ・逃げたい気持ち」に寄り添い、正しい情報をイラストや動画を用いてわかりやすく伝えていきます。

Page Top