UZUZ
NEWS

​顧客インタビュー(株式会社アドプランナー様)|強みを活かした事業連携で 第二新卒・既卒の若手人材の活躍場が東海エリアでも拡大

2021/07/14(Wed) STORY&WORKS
​顧客インタビュー(株式会社アドプランナー様)|強みを活かした事業連携で 第二新卒・既卒の若手人材の活躍場が東海エリアでも拡大

はじめに

1982年の設立以来、人材採用広告から採用業務代行サービスとして一貫した人材総合サービスを展開されている株式会社アドプランナー様。弊社とは2019年12月に東海圏における人材紹介事業の提携を開始しています。今回、第二新卒就職支援サービス「アドプラ」責任者/海外事業部責任者の小野様に、事業提携のきっかけについてお話を伺いました。

若手人材集客のプロと求人保有数のプロがタッグを組むのは必然的

インタビュアー:
貴社の事業・サービスについて教えてください。

小野様:
1982年の設立以来、取引企業は東海圏・関東圏合わせて約11,000社以上の実績があります。弊社の事業内容は、人材採用広告から採用業務代行サービス、教育・研修、人材紹介、組織活性化にいたるまで、一貫した人材総合サービスを行っています。また、企業広告や販促プランニング、Webコンサルティングなど「情報」戦略に特化した事業も早くから展開してきました。さらに、不動産販促プランニングや医療広報など、特定業界に絞った事業も展開しています。

インタビュアー:
同業である弊社の「人材紹介サービス」と事業提携を決めたきっかけと理由を教えてください。

小野様:
UZUZさんと事業提携を開始したタイミングは2019年の12月の末あたりだったかと思います。当初弊社は、人材紹介事業部は駆け出し時期でした。求人開拓は出来るものの求職者の集客に苦戦をしていました。そのころ弊社では新卒採用に限定していましたが、中途・第二新卒のレイヤーも拡大していきたいと検討していました。
そのタイミングでUZUZという第二新卒に特化した会社があることを知ったのがきっかけです。個人的に「おもしろい」と感じたのが第一印象です。また、第二新卒という人材の紹介に対して「需要がある」とも感じていました。

冒頭にもあったように、弊社は東海3県を中心に事業展開をしていて、エリア内でいうとNO.1の求人保有数です。日々、お客様に寄り添って伴奏する営業スタイルなので、お客様の不安や課題、ご要望を伺うことが多くあります。そのなかで「未経験で学歴がなくても双方のコミュニケーションが取れるなら構わない」「失敗を糧にした人材であればぜひ紹介してください」というお言葉を聞くことも少なくなかったからです。

一方で、UZUZさんは若手人材の集客ノウハウをお持ちですが東海エリアにおいての求人保有数は少ない状況でした。
両社の強みと、これまでのノウハウを共有することで、若手人材の求職率は圧倒的に伸びると確信し、UZUZさんの企業理念にもとても共感したこともあり事業提携をいたしました。

UZUZさんは紹介事業の”重要な機能に”

インタビュアー:
提携して良かった点と、できれば改善してもらいたい点があれば教えてください。

小野様:
体制についてお伝えすると、UZUZさんがCS(カスタマーサポート)業務を。弊社がCA(キャリアアドバイザー)とRA(リクルーティングアドバイザー)と業務を分担しています。UZUZさんからは、安定的な集客支援をいただいており、弊社の紹介事業の重要な機能となっています。

事業提携して驚いたことは、UZUZさんのCS能力がとても高いことです。初回のリレーション構築や、求職者の初期情報をしっかりヒアリングされているのでとても助かっています。
それから、社員皆さんのITリテラシーが高いという点です。事業提携初期から今に至るまで、コロナ禍ということもあり、UZUZさんとのやりとりの約95%は非対面であるオンラインを駆使してやり取りを行っています。みなさんしっかり使いこなせているのでとても合理的でスピーディーですし、ITを駆使した業務の効率はUZUZさんから学ぶところが多くあります。

改善点については、都度定例ミーティングにてこちら側の要望を伝えているのであまり浮かびません。強いていうならば、UZUZさん側で求職者から事前にいただいいている履歴書などについては、より迅速な対応と共有のタイムラグが無いように行っていただけると、よりスムーズに求職者へ話ができるかなと思います。

インタビュアー:
事業提携の実績を教えてください。

小野様:
2020年4月~2021年6月までで44名の採用が決定しました。
コロナ禍という社会情勢で、正直苦労しましたがUZUZさんから求職者のご紹介をいただき44名の求職者の採用が決定したことは非常に有難い実績だと思います。

第二新卒エージェント会社として「東海エリアで一番」を目指したい

インタビュアー:
今後の事業提携に関する要望や、自社サービスの目標・展開を教えてください。

小野さん:
東海3県エリアシェアNO.1の第二新卒エージェントとして採用決定数を伸ばしていきたいですね。短期的な数字目標は、年間100名以上は採用することを目標としています。
以前は、第二新卒・既卒者というとネガティブな表現をされていたかもしれません。しかし日々面談するなかで感じることは、ポテンシャルの高さとハングリー精神です。企業で活躍できる人材も多いと実感しています。もし、偏見やネガティブに捉えている企業があるとしたら誤解を解いてあげたいですね。第二新卒・既卒の強みを正しく発信し、地位向上も高めていけられればいいなと思います。