UZUZ
NEWS

顧客インタビュー(アデコ株式会社様)|未経験エンジニア向けの技術とヒューマンスキル研修に期待

2021/02/19(Fri) STORY&WORKS
顧客インタビュー(アデコ株式会社様)|未経験エンジニア向けの技術とヒューマンスキル研修に期待

はじめに

グローバルで人財サービス事業を展開するアデコ株式会社のITエンジニア派遣サービス(登録型有期雇用/正社員型無期雇用)に特化したブランド「Modis(モディス)」。弊社サービス「ウズウズカレッジ for Business(法人向けIT研修)」をご利用いただいています。サービス導入による効果や期待、弊社サービスを活用した今後の展開についてModis事業本部リクルーティング&プロモーション課 石井様にお話を伺いました。

未経験エンジニアを育てる人的リソースの課題

インタビュアー:
どのような課題があって、UZUZの法人向けIT研修を導入することになったのですか?

石井様:
社内では、エンジニア業務に関する基礎知識を理解して、教育研修できるリソースは限られていますし、最新の情報をキャッチアップできるという観点でも外部委託することを考えていました。UZUZさんの研修を導入する前は、提携のITスクールに依頼していて、当社向けの研修カリキュラムを組んでいただいていました。ある程度のカスタマイズは可能でしたが、ITスクールなので、実践的な内容というよりは資格を取ることを目的とした内容が多く、もっと現場に見合ったカリキュラムが必要だと感じていました。その際に、UZUZさんのサービスを導入した他社事例を拝見して相談したところ、当時の担当者の方が、研修方法や受講規模数、コスト面等の導入する際にクリアしなければならない条件について親身になって解決策を提案してくださいました。

また、ITスクールに依頼していた時は、5~6名が最大の受け入れ人数で研修のキャパシティにも課題を感じていたのですが、UZUZさんは10~20名の規模で受け入れ可能ということでしたので、導入に踏み切ることにしました。

技術研修だけではなく、ヒューマンスキルを押さえたオンライン研修と講師のサポートに期待

インタビュアー:
選定基準や決め手になったポイントはありますか?

石井様:
UZUZさんから、Modisへ人財紹介をしていただいていることもあり、面接する候補者は、ご紹介いただく前にIT業界の理解があり、面接対策をしっかりとされていて求職者の方への働きかけに好印象をもっていました。単なる技術研修ではなく、他者と働くことを押さえた研修を実践されていることも決め手の1つでした。その他にも、東京・大阪でのオフライン研修が可能な点も選定基準となりました。当社の未経験エンジニア採用は、東名阪の主要3エリアで採用をしていたこともあり、東京・大阪でのオフライン研修を十数名枠で行えるという点は魅力的でした。

オフライン研修に利点を感じたのは、未経験者なので様々な不安を感じているなかで、同じタイミングでスタートする同期という存在ができることは大事だと考えたからです。

しかし、昨年は新型コロナウイルス感染症拡大防止のための緊急事態宣言の発令により急遽オンラインへ切り替えました。オフライン研修にこだわっていましたが、実際受講したメンバーの声や、講師からのフィードバックを聞いても研修についていけてないメンバーや不安を感じている人はほとんどいませんでした。研修に参加したメンバーは、研修講師の定期的な1on1によって自分の課題と今後の勉強方法を気軽に相談ができる環境が整っているのだと感じました。

キャパシティの改善で、多くのメンバーが一度に研修可能に

インタビュアー:
UZUZの法人向けIT研修を利用してみて導入の効果や成果を感じていることがあれば教えてください。

石井様:
昨年の4月から12月で、64名の受け入れをお願いしました。1回の研修で最大30名という人数枠でも受け入れてくださり、当社の採用計画に応じて対応いただける点が助かっています。これにより導入前に抱えていた研修のキャパシティの問題を解決することができました。また先に述べたように、技術面だけではなく人間性にも触れた適確なフィードバックをいただけることで、自社内の配属にも活かすことができています。

エンジニアのキャリア開発を高め「人財の躍動化」を目指したい

インタビュアー:
UZUZの法人向け研修サービスへの今後の期待や、サービスを活用した今後の展開を教えてください。

石井様:
昨今、お客さまからのニーズが多いのは、情報セキュリティやoffice365・Google Workspaceなどのグループウェアツールを使える人財の依頼です。昨年はコロナの影響で企業のテレワーク導入が一気に加速したこともあり、情報セキュリティ面の仕組みや管理方法を理解している人財の需要が高まっています。一方で日本におけるIT人財不足は顕著です。人財不足に対応するためには、未経験者を一から育てることと、経験者にはトレーニングを実施してより先端技術を身につけること。この両軸が必要不可欠だと思います。

私たちは、『「人財躍動化」を通じて、社会を変える。』というビジョンを掲げています。

未経験エンジニア自身のキャリア開発を支援することで、お客様への満足度を向上させることができ、ひいてはお客様の事業成長に貢献できる、と考えています。人財の躍動化により、社会全体の生産性の向上に繋げていくことが人財サービス企業である私たちの役割だと捉え取り組んでいます。UZUZさんの法人向け研修サービスは、エンジニア研修のノウハウや社会人として基礎となるビジネススキルまでサポートされているので、今後もこの点に期待しつつ、技術以外のビジネススキル向上研修や問題解決に取り組める人財育成の研修等のご提案を期待しています。