20代の第二新卒・既卒・フリーター向け就職/転職サイト

アフターコロナの就職/転職はお任せあれ!
テレビ通話・お電話でのキャリア相談を実施しています

株式会社クオンツ|会社紹介

株式会社クオンツ_アイキャッチ

今回は、株式会社クオンツさんをご紹介します!

『株式会社クオンツ』はどのような会社なのでしょうか?一緒に見てみましょう!

※この記事の内容は掲載当時の情報です。記載されている情報は現在と異なる場合があります。

株式会社クオンツ|会社紹介

経営に貢献できる、Salesforceの専門家集団

世界No.1のCRMである“Salesforce”。
企業の営業支援に役立つこのプラットフォームは、世界中の多くの企業に導入されています。

しかし、プラットフォームを最大限に活用するには、それぞれの企業が抱える課題にフィットしたカスタマイズが重要です。

そこで、私たちクオンツの出番。Salesforceの専門家集団として、現状分析と課題抽出を担当。導入企業に対して、多様なソリューションを提供しています。

これからもビジネスの最強のパートナーとして、企業活動を支えていきます。

遠藤奉周さん|株式会社クオンツのインタビューを受けてくれた方をご紹介

今回インタビューに答えてくれたのは、Salesforceエンジニアの遠藤さんです!

実は遠藤さん、第二の就活を運営する「株式会社UZUZ」からの紹介でクオンツさんに入社された方なんです!

業務未経験での入社ながら、1年目から現場で大活躍中の遠藤さん。

入社の決め手や実際に感じた社風、今後のキャリアプランなどを詳しく伺いました!

株式会社クオンツへのインタビュー!

インタビュー内容

遠藤さんが鍼灸師を辞めてクオンツに入社された経緯について教えてください!

きっかけは、手を骨折して鍼灸師の仕事ができなくなったことでした。

もともと鍼灸師の仕事は大好きだったんです。

患者さんたちがどんな不調を抱えているか、どこが痛いのか、何に困っているのかなどしっかりヒアリングして、自分の施術を通して姿勢や体調、歩き方などが改善され、笑顔になっていくのを見るのが本当にうれしかったんです。

ただ、骨折してまったく勤務できなかったことで「体が資本の仕事なんだ」とあらためて気づき、いろいろと考えさせられました。

このままでいいのか、別の道に挑戦してみるか。

悩んだ結果、以前進路を決める時に鍼灸師と二者択一で迷っていたIT業界に転職してみてもいいんじゃないかと思ったんです。

そこで、転職エージェントに登録して活動を始めたところ、その中の一社だったUZUZからクオンツを紹介していただき、魅力を感じたのでチャレンジを決めたという流れです。

クオンツに入社しようと思った決め手は何でしたか?

まず、日本市場にライバル企業があまりいないという強みが魅力的でした。

ここでしっかり経験と実績を積めば、ゆくゆくはお客様の課題を分析する「要求定義」を担う上流工程に関われるというビジョンが見えたんです。

クオンツは、Salesforceという世界トップシェアの顧客管理(CRM)プラットフォームの導入や運用に特化して、ワンストップでお客様の営業支援を行っている会社。

エンジニアは全員、Salesforceの認定資格を持っています。

私は2023年4月に入社したのですが、それまでIT業界はまったく未経験でした。

ただ、それでも「この会社なら自分でも活躍できる」と確信を持てたのは、面接の時に弊社代表の高橋から聞いたこの言葉でした。

「うちはほとんどの人がIT業界未経験だよ」

人を育てることに力を入れていて、入社後の研修制度も充実していると分かったことで、不安や迷いが一切なくなったんです。

例えば、どんな制度があったんですか?

まずは入社後に半年間かけて、プログラミング言語などエンジニアに必要な知識の基本からしっかり学べました。

この研修制度は年々アップデートされているので、これから入社する方にはより効果的なカリキュラムが提供されるはずです。

この業界は日進月歩でどんどん新しい技術が必要になります。

エンジニアはずっと勉強していくわけですが、専門的な技術書って意外と高額なんですよ。


そういう書籍代を会社が補助してくれたり、業務のスキルアップに重要なSalesforce認定資格の受験費用も会社が負担してくれています。

お金の心配をせず成長を目指せる環境はうれしいですね。

実際に入社してみて、社内の雰囲気や社風はどうでしたか?

会社の方針として、社員を大切にしていることをすごく感じています。

ユーザー様を最優先にするのはどの会社でも同じだと思いますが、クオンツは「自社の社員をスキルアップさせてユーザー様に価値提供する」という軸を徹底している印象です。

自分はどんどん成長していきたいタイプなので「この環境に入れて良かった」と心底思っています。

業務は基本的にフルリモートですが、月1回リアルに会う機会もあったのでコミュニケーションで困るようなことはありません。

分からないことがあれば、先輩にも気兼ねなく聞ける雰囲気なので、不安なく全力で担当現場の仕事に向き合えています。

入社1年目を振り返って、もっともうれしかったこと、やりがいを感じたことは何でしたか?

半年間の研修を終えて、今までにユーザー様2社の現場を担当させていただきました。

そのうちの1社は、外部からの入力フォームにある機能を実装したかったのですが、なかなかプログラムが難しい部分だったのでクオンツにご依頼されたという案件でした。

確かに、基本的なプログラムの知見だけでは解決できない課題だったので、社内の別チームのメンバーにも相談しながら試行錯誤。

ついに、ユーザー様が希望されていた通りの実装ができた時、「できたんですね!」と喜んでいただいたことは、非常に印象に残っています。すごく達成感がありました。

もともと自分は、お客様の課題を把握して最善の方法を見出し、解決することに大きな喜びを感じるタイプ。鍼灸師の仕事をしている時もそれが一番のやりがいだったんです。

今業種は変わりましたが、まったく同じだなと思いますね。

現場のユーザー様の課題解決のためにプロセスを考え、プロフェッショナルなエンジニアとして120%の結果を出す。それが一番のやりがいですし、これからももっと深めていきたい部分です。

今後はどのようなキャリアプランを考えていますか?

エンジニアの役割には大きく分けて2つあります。

1つは、現場で計画通りの作業を適切に行う「下流工程」という役割。

もう一つは、ユーザー様のお悩みをヒアリングして、予算や納期を考えながら「どんなシステムが必要なのか」という要件定義をする「上流工程」という役割です。

自分が目指しているのは、一連の工程の最初に当たる「上流工程」。ユーザー様と直接お会いして、自分の知見を総動員して解決方法を考えることは、非常に責任ある立場だと思っています。

これから数年かけて経験と実績を積み、上流工程を任せてもらえる人材になることを目指しています。

そのためにできることは、Salesforce認定資格にどんどんチャレンジしていくこと、そして、担当させていただける現場一つひとつに全力で向き合っていくこと。

今私は20代ですが、IT業界はこれからもどんどん進化するし、当然ユーザー様のニーズも拡大していく。

だから、自分が努力したことは確実に自分のキャリアアップにつながると確信できます。将来性がすごくある仕事なので、とてもワクワクしています。

ユーザー様が頼りにしてくださったこと以上の結果を返せるエンジニアになって、自分が目指すキャリアアップを達成したいです!

株式会社クオンツの概要

株式会社クオンツのホームページ
社名株式会社クオンツ
本社・本店 所在地本社オフィス:
〒104-0045
東京都中央区築地2-14-3 NIT築地ビル3階
設立年月2007年04月
資本金5,000,000円
主な事業内容Salesforce導入支援・開発
Salesforce運用支援
ITコンサルティング

ご協力ありがとうございました!株式会社クオンツさんでした!

執筆・編集

第二の就活 編集部

「“はたらく”をもっと身近に」をテーマに、就活=不安・やりたくないと感じる気持ちを変えるコンテンツを発信しています。編集部のメンバーは、全員が既卒や第二新卒の経験者です。だからこそわかる「就活に対する怖さ・逃げたい気持ち」に寄り添い、正しい情報をイラストや動画を用いてわかりやすく伝えていきます。

Page Top