UZUZ

TOMOKI
TABIRAKI

田開 友規

営業/キャリアカウンセラー

1995年生まれ。アメリカ生まれの富山県育ち。筑波大学・生命環境学群・生物資源学類卒業。周りに流されて同大学院に入学したが、研究内容や人間関係の面で研究の世界が自分に向いていないと感じる。新卒として就職できない葛藤に悩まされるも、別の道で早くキャリアアップしたいという思いから大学院の中退を決意。自分と同じようにキャリアに悩む人の助けになりたいという想いからUZUZに入社する。その思いを胸に、現在はキャリアカウンセラーとして奮闘中。

UZUZ入社までの経歴
大切にしたのは、自分の中に生まれた“違和感”

通訳をしていた父の仕事の都合により、僕はアメリカで生まれました。アメリカ生まれと聞くと何やらかっこよく思われるかもしれませんが、実際は生後5ヶ月で日本に戻って来ているため、英語は全く話せません(笑)。

 

帰国後はごくごく普通に富山県で生活。高校を卒業したのち、筑波大学生命環境学群(他大学でいうところの“農学部”)に進学しました。

 

この学部を選んだのは、食べることが好きだったので漠然と「食品業界で研究とかしてみたいな〜」と思っていたからなんですが……。実のところ、理系なのに物理と化学が苦手で、消去法で生物を学べる学部を選んだ、という理由もあります(笑)。

 

理系学部の研究室は授業や研究で忙しくなりがちなんですが、僕が入った研究室もそれなりに忙しいところでした。研究していたのはとあるカビの生態。地道な作業が多く、“ザ・研究”と呼べるような毎日を送っていました。

 

あっという間に時は流れ、僕はそのまま大学院に進学。当時は「食品業界の研究職」を目指していたので、それならば修士課程に進むべきだと思ったんです。それに、理系学生は院に進むケースが一般的でしたので。

 

大学院進学後も、学部生の時と同様研究を続けていたのですが、ある時から自分の中の“違和感”が大きくなっていきます。それは「自分って、研究職向いてないかも」という“違和感”でした。

 

実験が成功して良い結果が取れた時は嬉しいし、楽しい。でも「細かくて地道な研究作業って、ぶっちゃけしんどいな」と思う時もあって……。

 

改めて「研究職を一生の自分の仕事にできるのか」と考えた時「このまま続けるのは無理だ」と感じてしまいました。

また、僕の研究室は人間関係も含めて素晴らしい環境だったものの、研究業界全体を取り巻く“人間関係”や“雰囲気”はあまり好きになれず、“違和感”に繋がってしまったのも大きいです。

 

とはいえ、仮にもここまで勉強を続けてきた身ではあるので、その後の進路はものすごく悩みました。

 

でも自分の中で「研究職は違う」という答えが出てるのに、“研究職を目指すから”と進んだ大学院に通い続けるのはおかしな話ですよね。

 

今となっては完全に逃げだったなと思うのですが、このままずるずるしても時間は過ぎていくだけ。だったらもう早く行動に移そうと決意して、思い切って大学院を中退したんです。

 

そしてその後就職相談のために“UZUZ”を利用し、“就活生”としてUZUZの選考を受け入社するに至ります。

 

実は僕、UZUZ以外の会社を受けてないんです。でも入社に迷いはありませんでした。たまたまですが、大学の同級生だった藤谷が働いている会社でしたし、インターンにも参加させてもらって、会社の雰囲気や働く人の人柄の良さに触れられたので。

 

それに働くなら“対カビ”ではなく”対人”の仕事で、なおかつ“人”への影響度が強い仕事がしたいと思っていました。

 

加えてUZUZのサービスに触れるうち、自分と同じ様に就活で悩む方のサポートをしたいという気持ちも強くなったので、その点でも、人材業界であるUZUZは自分の希望にピッタリでした。

UZUZでの役割
“相手を知る面談”を常に意識

今はキャリアカウンセラーとして、キャリアに悩む方の就職相談を受けています。同年代の方との面談が多いので、悩み・ご経歴など共感できる部分はたくさんありますね。

 

また当然ではあるんですが、僕は面談を「こなす作業」にはしたくありません。相談に来てくださった方をきちんと知りたいですし、その方自身が“主体”となって動けるよう、お話はしっかり聞きたいと思っています。

 

かつてやっていた研究と比べると、やはり結果へのプレッシャーは大きいです。

 

当時は学生ということもあり、仮に結果が出なくとも「卒業できれば最悪OK」でしたが、今はそんな甘いことも言ってられません。

でもこの“プレッシャー”を「嫌だな、重荷だな」とは全く思わないんです。人の人生を大きく左右するこの仕事は、確かに簡単ではないんですがやりがいがあります。

 

それに僕自身、“目標”や“プレッシャー”があったほうが頑張れるタイプです。だから今は、楽しみながら仕事が出来ていますね。

仕事を通じて記憶に残っている印象的なこと
先輩社員からの“ある一言”で得た新たな気付き

稗田との「営業とは何か」というやり取りが、とても印象に残っています。

 

稗田は営業職に精通した社員でして、よく“営業の在り方”や“営業活動の進め方”などを相談させてもらっているんです。

 

ある日僕が質問した時、稗田がこんなアドバイスをくれました。

 

「営業は“入り口”から“成約”まで仮説を立てるのが大事。仮説が外れたらなぜ外れたか、仮説が当たったらなぜ当たったかを考えて。それを繰り返すと、自然と『こういう時はこうしたらいい』という“流れ”が分かってくるよ」

この言葉を聞いた時、ハッとしました。

 

営業として大切な思考であるのはもちろん、カウンセリングにも、そして僕自身の“仕事”そのものにも活かせる考え方だと思ったんです。

 

とはいえもちろん、意識したからといってすぐに出来るわけではないんですが(笑)! でも、稗田の言葉があったからこそ“事実”に気付けたので、本当に感謝しています。

キャリアサポートにかける想い
“二歩目・三歩目”を後押しするサポートがしたい

キャリアカウンセラーとして大事にしていること

 

とにかく「話してもらうこと」を一番に考えています。

 

相談に来てくださる方の中には、ご自身の本音をさらけ出せない方も少なくありません。それもそのはずです。人間初対面の相手に自分の内面を見せるのって、なかなか出来ないじゃないですか。

 

なので、話しやすい雰囲気を作ること、表面的でない“芯”の部分を話していただくために様々な質問を投げかけることを大事にしています。

 

また、紹介する求人の精度を上げるためにも「話してもらうこと」つまり「ヒアリング」はとても大切です。せっかくならその方が一番その人らしく働ける会社を提案したい。ですのでそのための材料として、“その方を構成する要素”は、可能な限りお聞きするようにしています。

 

私の強み

 

元々理系として研究をやっていたこともあり「物事の整理」は得意です。解決方法の提示や脳内の情報整理が出来るので、もし「自分の考えがなかなかまとめられない……」という方がいたら、是非お手伝いさせて欲しいですね!

 

また、その人に合わせてコミュニケーションを取れるのも自分の強みだと思っています。

 

重要なのは、その方に「今日は来て良かった」と思ってもらうこと。せっかく相談に来てもらうんですから、出来る限り満足して帰っていただきたいです。

 

そのためにも、例えば論理的な方には論理的に、感覚的な方には感覚的に対応するなど、その方が一番心地良く話せる環境作りには気を配っています。

面談に来てくださる方へのメッセージ

 

まず第一に、面談に来てくれる方はとても勇気があると思うんです。不安や悩みを抱えている人はたくさんいますが、それを何とかしようと行動に移すのってとても労力がいることなので……。

 

僕自身、既卒として就活を始める時はものすごくエネルギーを消費しました。やり方も全く分からなかったし、UZUZに登録するのも勇気がいったくらいです(笑)。

 

さらに、地元である富山県や大学のあった茨城県はのどかな地域だったので、慣れない都会に出ることもだいぶパワーを使いましたね(笑)。

 

そんなことを経験してきたからこそ思うんです。

 

面談に来た時点であなたの就活は99%成功するはず、と。だって、一番大変であろう「一歩踏み出す行動」が出来ているんですよ!

 

この勇気と行動力がある方なら、絶対に就活は成功します。

 

願わくば僕は、そんなあなたの“二歩目・三歩目”を後押し出来る存在になりたいと思っています。現状を変えたい。新たな一歩を踏み出したい。そのような想いがある方は、是非一緒に新しい道を進んでみませんか?

OTHER MEMBERS

その他のメンバー

今村 邦之

KUNIYUKI
IMAMURA

取締役会長

岡本 啓毅

HIROKI
OKAMOTO

代表取締役社長

川畑 翔太郎

SHOTARO
KAWABATA

専務取締役

羽原 佳希

YOSHIKI
HABARA

経営企画(マネージャー)

御代田 侑佳

YUKA
MIYOTA

広報/Webマーケティング

稗田 直史

NAOFUMI
HIEDA

営業/キャリアカウンセラー

瀧水 貴博

TAKAHIRO
TAKIMIZU

営業/キャリアカウンセラー

長澤 咲

SAKI
NAGASAWA

営業/キャリアカウンセラー

草野 有砂

ARISA
KUSANO

編集/ディレクター

中村 慎吾

SHINGO
NAKAMURA

営業/キャリアカウンセラー

道端 美祐紀

MIYUKI
MICHIHATA

キャリアサポート(カスタマーサポート)

柳田 有紀

YUKI
YANAGIDA

営業/キャリアカウンセラー

川原 敬史

TAKASHI
KAWAHARA

執行役員

岡本 和也

KAZUYA
OKAMOTO

エンジニア(CXO)

白川 聖悟

SEIGO
SHIRAKAWA

営業/キャリアカウンセラー(リーダー)

榮 千尋

CHIHIRO
SAKAE

デザイナー

林 綾馬

RYOMA
HAYASHI

営業/キャリアカウンセラー

森 亮介

RYOSUKE
MORI

キャリアサポート(カスタマーサポート)/ウズウズカレッジ講師

水野 峻

SHUN
MIZUNO

Webマーケター

森川 剛

GO
MORIKAWA

営業/キャリアカウンセラー

菅田 沙紀

SAKI
SUGETA

営業/キャリアカウンセラー

今山 明日香

ASUKA
IMAYAMA

営業/キャリアカウンセラー

平栗 貴也

TAKAYA
HIRAGURI

営業/キャリアカウンセラー

土田 沙来

SARA
TSUCHIDA

キャリアサポート(カスタマーサポート)/広報

尾川 聡

SATOSHI
OGAWA

Webマーケター

新免 英

EI
SHINMEN

営業/キャリアカウンセラー

菊繁 洋貴

HIROKI
KIKUSHIGE

キャリアカウンセラー/ウズウズカレッジ講師

長谷川 望

NOZOMI
HASEGAWA

営業/キャリアカウンセラー

芦川 美穂

MIHO
ASHIKAWA

動画制作

望月 奈津美

NATSUMI
MOCHIZUKI

営業/キャリアカウンセラー

東 柚実

YUZUMI
AZUMA

営業/キャリアカウンセラー

小田切 咲

SAKI
OTAGIRI

キャリアサポート(カスタマーサポート)/ウズウズカレッジ講師

藤谷 宗平

SOHEI
FUJITANI

エンジニア

山口 祐花

YUKA
YAMAGUCHI

編集/ディレクター

明石 朋音

TOMONE
AKASHI

エンジニア(CTO)

大濱 尚子

NAOKO
OHAMA

管理部

吉内 冬実

FUYUMI
YOSHIUCHI

営業/キャリアカウンセラー

寺地 智浩

TOMOHIRO
TERACHI

ウズウズカレッジ講師

不破 花奈実

KANAMI
FUWA

キャリアカウンセラー/キャリアサポート

田開 友規

TOMOKI
TABIRAKI

営業/キャリアカウンセラー

三宅 耕平

KOHEI
MIYAKE

営業/キャリアカウンセラー

モコ

MOCO

コーポレートドッグ(就活犬)