UZUZ

KIHO
OKAYASU

岡安 希帆

キャリアカウンセラー(ウズカレ講師)

1990年生まれ。愛知県出身。生物や遺伝子に興味を持ち、大学ではニワトリの頭蓋顔面の軟骨形成に関わる遺伝子を研究。卒業後、人材派遣会社に就職。北海道・東北地方のWEB媒体管理、SV業務、新卒採用、新人育成など幅広い業務に携わる。結婚を機に働き方を見直したいと思い、UZUZに転職。 現在はキャリアカウンセラーとして、仕事と家庭の両立を目指して日々奮闘中。

小さい頃の「シャイな自分」を変えようと「親の敷いたレール」から外れようとした学生時代

私は愛知県出身で、3歳からクラシックバレエを習っていました。3人姉妹の長女で親は教育志向が強かったこともあり、ほかにも塾、公文式、ピアノ、水泳などほぼ週7日習い事をしていました。だから、学校が終わっても友だちと遊んだり寄り道をしたりしないで、家に帰ってすぐ習い事に行くという生活を小さい頃は送っていました。

その反動もあってか、「親が見ていないところでは自由にしたい!」という気持ちが強くなり、中学校時代は授業にほとんど出席していませんでした。私、自分の顔にコンプレックスがあって、小さい頃はすごくシャイで人と話すのが苦手だったんです。中学生の頃から化粧をしていたんですが、「化粧をすると気持ちが前向きになれる!」と思ったり、バレエをやっていた頃から「華やかなものが好き」ということもあり、「化粧品を作る会社に入りたい!」という気持ちがあって、高校の文理選択では理系を選びました。

大学進学とともに上京しました。上京した理由は、「親の敷いたレールの上を進むのが嫌だった」ことと、「ひとり暮らしをしたら視野が広がると思った」ことでした。いろいろな人と交流すればコミュニケーション能力も上がるかなと思って、サークルを掛け持ちしたり、アルバイトも飲食店と家庭教師を掛け持ちしていました。最初のイタリアンレストランでのアルバイトは数分おきに怒られて、泣きながら帰るみたいな…。そういう生活を続けることで、自分が少しずつ変わっていったんだと思います。

UZUZには「制度を実状に合わせて変えていく」という強い意志が感じられた

化粧品会社に就職して「商品開発」をしたかったのですが、自分が学んでいた分野を生かすには「成分研究」が近いことを知りました。研究は「商品として目に見えるものではない」「10年くらいかける必要もある」などと自分が想像していた「やりたいこと」とギャップを感じたため、「専攻分野以外の分野にも目を向けてみよう」と思って就活をしました。最終的にはたまたまインターンをきっかけに知ったコンサルティング大手のグループ会社である、全く畑違いの人材派遣会社に就職しました。

配属先は募集部という部署で、全国各支店のWebマーケティングやSV業務、新卒採用、新人教育など幅広い業務を経験させてもらいました。最初はタイピングさえままならず、業務量に能力が追いつかなくて、先輩や上司から怒られる毎日。半年経った頃から徐々にコツを掴んできて、有り難いことに先輩よりも早く希望の仕事や部下を持つ機会をいただくことができました。仕事に面白みを感じるようになってきていましたが、自分の育った環境の様に家庭を一番に考えたいという気持ちがあったので、結婚のタイミングで退職することを決めました。

退職後、求職者としてUZUZを利用したときUZUZを紹介され、最終的に入社することになりました。UZUZに就職を決めた理由は2つあります。

1つは「自分のキャリアを作れる」ということ。転職活動をしていく中で、家庭は第一でも「派遣」や「一般事務」のようなリスト化された業務をこなしていく働き方は何か違うなと思うようになりました。UZUZには時短のような形で働く社員もいるのですが、その社員でも様々な仕事の機会をもらっているのを聞いて、魅力を感じました。

もう1つは「制度を実状に合わせて変えていく」という強い意志を会社から感じたことです。私が入社した時、女性で結婚しているのは私ひとりだったのですが、「女性の働き方」について考えてくれて、「大企業とは違って自分の声がちゃんと届きそう」と期待を持つことができました。

「今の働き方ってどう?」「このくらいの残業はどう思う?」など、私の実状に関して声を掛けてもらう機会も多くあります。UZUZだったら、この先「産休」や「育休」を取ることになってもそれに合わせて働きやすい環境を作ることができると思います。

自分にとって重要なことを「自分で気づくための仕組み」をウズウズカレッジでは提供したい

UZUZではウズウズカレッジの講師として、ビジネスマナーやパソコン基礎操作を教えています。特に私は、女性で結婚していたり、第二新卒として転職をしているので、その経験を介してキャリアに迷っている方に何かしらの気付きを与えられたらと思っています。私は、ウズカレ生が「自立」のために「自分のキャリアを主体的に考える」ようになれるようなサポートができたら良いと考えています。だから講座の仕組みも「知識を得る場」ではなく、自分で考えたり、自分が将来どうなりたいかを「思考する場」にしたいと思っています。

そのために、カリキュラムにはチームで議論したり、チームでひとつの成果物を作る「ワーク形式の講座」を取り入れています。また、相互にコミュニケーションを取るために、ランダムな組み合わせでランチをする仕組を導入しています。たとえば会社に入ってから同期や仲がいい人ばかりとコミュニケーションを取っていては交友関係が広がらず、仕事がやりやすくなりませんよね?社内での交友関係を広げる重要性をウズカレに通っている間に肌で感じてもらいたいと考えています。

私は最初にも話したように、もともと人前に立つと恥ずかしくて赤面しちゃって「なんで話さなきゃいけないんだろう」ってなっちゃうほどの恥ずかしがり屋です。でも人前で緊張するという弱点を持っているからこそ「人の発言や表情には人一倍敏感になれる」と思うんです。

以前、社外で講師をしたときに「講義に使うスライドが違う」というトラブルがありました。そのときは頭が真っ白になってしまって…。なんとか場をつないで、生徒のみんなに謝りながら対応したら、講義のあと「岡安さんのおかげで意識が変わった」「一生懸命対応してくれてよかった」というアンケートの声をいただきました。それはすごく嬉しかったです。本当はミスやトラブルはない方が良いけれど、そういったピンチをくぐり抜けて徐々に自分が成長していくんだと感じています。

OTHER MEMBERS

その他のメンバー

今村 邦之

KUNIYUKI
IMAMURA

代表取締役社長

岡本 啓毅

HIROKI
OKAMOTO

取締役副社長

川畑 翔太郎

SHOTARO
KAWABATA

専務取締役

羽原 佳希

YOSHIKI
HABARA

経営企画(マネージャー)

三宮 洋太

YOTA
SANNOMIYA

人事/キャリアカウンセラー(マネージャー)

稗田 直史

NAOFUMI
HIEDA

営業/キャリアカウンセラー

御代田 侑佳

YUKA
MIYOTA

広報/カスタマーサポート

草野 有砂

ARISA
KUSANO

編集/ディレクター

瀧水 貴博

TAKAHIRO
TAKIMIZU

キャリアカウンセラー(ウズカレ講師)

横山 友梨香

YURIKA
YOKOYAMA

営業/キャリアカウンセラー

柳田 有紀

YUKI
YANAGIDA

営業/キャリアカウンセラー

中村 慎吾

SHINGO
NAKAMURA

営業/キャリアカウンセラー

長澤 咲

SAKI
NAGASAWA

営業/キャリアカウンセラー

川原 敬史

TAKASHI
KAWAHARA

営業/キャリアカウンセラー(リーダー)

大平 有希子

YUKIKO
OHIRA

営業/キャリアカウンセラー

道端 美祐紀

MIYUKI
MICHIHATA

カスタマ―サポート

榮 千尋

CHIHIRO
SAKAE

デザイナー

岡本 和也

KAZUYA
OKAMOTO

エンジニア(CTO)

白川 聖悟

SEIGO
SHIRAKAWA

営業/キャリアカウンセラー(リーダー)

林 綾馬

RYOMA
HAYASHI

営業/ラウンダー

岡安 希帆

KIHO
OKAYASU

キャリアカウンセラー(ウズカレ講師)

森 亮介

RYOSUKE
MORI

カスタマーサポート(ウズカレ講師)

水野 峻

SHUN
MIZUNO

Webマーケター

森川 剛

GO
MORIKAWA

営業/キャリアカウンセラー

菅田 沙紀

SAKI
SUGETA

営業/キャリアカウンセラー

前田 勇介

YUSUKE
MAEDA

ウズウズカレッジ責任者(マネージャー)

今山 明日香

ASUKA
IMAYAMA

営業/キャリアカウンセラー

平栗 貴也

TAKAYA
HIRAGURI

営業/キャリアカウンセラー

モコ

MOCO

コーポレートドッグ(就活犬)